超高温カートリッジヒーター

STC-1100

品質向上の可能性を根本から問い直し、電熱ヒーターの理想像を求めて新たな発想でアプローチした次世代のヒーターです。

ch2

1990年の発売以来、ご好評をいただいております均熱型(SC型)カートリッジヒーターに加え、このたび超高温1,100℃(ヒーター表面温度)使用可能なSTC型カートリッジヒーターを開発いたしました。過酷な条件下でフルに実力を発揮し、皆様に喜んでいただけるものと確信いたしております。
是非ご活用の程お願い申し上げます。

 

標準仕様

1.外径、電圧、長さの関係

ch-2_r7_c2

・寸法公差:外径 -0.02 -0.08 (600mm迄)
歪み ヒーターの長さ300mmに対して0.005mm以下(長さ600mm迄)
・容量公差:±10%
・リード線長さ:500m/m
※標準品以外でも、ご注文に応じて製作いたします。
ヒーターの外径、長サ電圧電気容量、リード線長サなど
ご指示下さい。

ご使用に関して

●カートリッジヒーターは接触加熱ですので、被加熱物といかに密着しているかによってヒーターの寿命が大きく左右されます。
ヒーターと金型などの穴とのクリアランス(隙間)はできるだけ小さくなる様になさって下さい。
●被加熱物の温度が高くなるほどヒーター使用本数を多くして、低いワット密度のヒーターをご使用下さい。次ページの最高使用温度における
クリアランスとワット密度の関係グラフをご参照ください。
●穴加工はガンドリルまたはリーマ加工を条件と致します。加工穴内面の油脂分は完全に除去してください。通電時に炭化物となり、
熱効率やヒーターの寿命に大きく影響いたします。

最高使用温度におけるクリアランスとワット密度の関係グラフ

ch-2A_r2_c2A

ch-2A_r2_c2B

グラフの使い方

1.被加熱物の最高使用温度を決定して下さい。
2.1.の温度に要する電気容量を算出して下さい。
3.被加熱物を均一に加熱するのに必要な1本当たりのワット数を算出して下さい。
4.ヒーター外径と長サを決定して下さい。
5.ヒーターのワット密度を算出して下さい。
6.被加熱物温度とヒーターワット密度との交差する点のX軸上の数値が最大クリアランス(隙間)となります。
<例>
ワット密度8W/cm2型温度850度の場合、最大クリアランスは0.03となります。

 

温度制御

電力出力型(4~20mmA)温度調節計とサイリスター(位相制御方式)との組み合わせによるPID制御をお奨めします。
温度分布が均一になるよう、3ゾーン分割制御ができます。
ご注文の際は、各ゾーン長サ及びワット数をご指示下さい。

ch-2A_r5_c11

 

被加熱物を希望する時間内(昇温時間)に希望する温度まで上昇させるのに必要な電力(kW)

ch-2A_r8_c2A

ワット密度(W/cm2)の算出方法

ch-2A_r8_c2B

比熱に関する適用データ

ch-2A_r10_c8

ヒータータイプ




均熱型カートリッジヒーター

ワーク温度分布±1%
均熱型カートリッジヒーターで御社の製品のクオリティUPに!
当社は約50年に亘ってカートリッジヒーターをはじめ各種電熱ヒーターの研究、開発や生産技術の向上に取り組んでまいりました。絶えずお客様の立場に立ってより良い品質の製品をよりタイムリーに、より安くをモットーに努力を致しております。
この度、独自の技術を駆使して均熱型カートリッジヒーターを開発致しました。ここにご案内申し上げます。
御社製品のクオリティUPに貢献できるものと確信致しております。ご活用の程お願い申し上げます。

基本構想

ワークの型状、大きさ及び放熱量に対してヒーター各部のワット密度を変えることに依りワークの温度分布が均一になる様に設計されています。

特長

・温度分布を自由に設計する事ができます。
・ワークの温度分布を均一にできるため、製品の均一化が図れます。
・同じ長さのヒーターで有効発熱部が長くなりますので装置及び金型の小型化が図れます。

標準仕様

・外形寸法:6φ,6.5φ,8φ,10φ,12φ,14φ,15φ,16φ,20φ
・長さ:30mm~4000mm
・寸法公差:外径 -0.02 ~ -0.08 (600mm迄)
長さ 100mm迄±1mm 101mm~300mm±1.5mm 300mm以上<±2mm
歪み ヒーター長さ300mmに対して0.005mm以下
・容量公差:±7%
・リード長さ標準:250m/m
※標準品仕様以外でもご注文に応じて製作いたします。ヒーターの外径、長さ、電圧、電気容量、リード線長さなどご指示下さい。

ch-1_r10_c11

ご使用に際して

●カートリッジヒーターは接触加熱ですので、被加熱物といかに密着しているかによってヒーターの寿命が大きく左右されます。
ヒーターと金型などの穴とのクリアランス(隙間)はできるだけ小さくなる様になさって下さい。
●電力密度が大きくなる程、また被加熱物の温度が高くなる程、穴加工精度を上げてご使用ください。
●被加熱物を高温でご使用の際できるだけヒーターの本数を多くして低いワット密度のヒーターをご使用下さる様おすすめ致します。
●穴加工は原則としてリーマ加工を条件と致します。又、加工穴内面及びヒーター表面の油脂分等完全に除去してご使用下さい
通電時に炭化物となり熱効率やヒーター寿命に大きく影響致します。

最高使用温度におけるクリアランスとワット密度の関係グラフ

ch-1A_r2_c2b

ch-1A_r2_c2a

グラフの使い方

1.被加熱物の最高使用温度を決定して下さい。
2.1.の温度に要する電気容量を算出して下さい。
3.被加熱物を均一に加熱するのに必要な1本当たりのワット数を算出して下さい。
4.ヒーター外径と長さを決定して下さい。
5.ヒーターのワット密度を算出して下さい。
6.被加熱物温度とヒーターワット密度との交差する点のX軸座標上の数値が最大クリアランス(隙間)となります。
<例>
ワット密度8W/cm2型温度250度の場合、最大クリアランスは0.4m/mとなります。

被加熱物を希望する時間内(昇温時間)に希望する温度まで上昇させるのに必要な電力(kW)

ch-1A_r4_c2a

ワット密度(W/cm2)の算出方法

ch-1A_r4_c2b

比熱に関する適用データ

ch-1A_r4_c2c

ヒータータイプ

ch-1A_r5_c2a

 




リード保護型カートリッジヒーター

リード線断線防止機能付きヒーター

従来のヒーターは、内部から出たリードピンに被覆撚り線を接続子を使用して接続する事が一般的で、このヒーターを金型又は熱盤に取り付けて使用する場合、金型又は熱盤が上下あるいは左右に動く場合接続子の部分で断線事故が多発する。 この断線事故を防ぐ為に被覆撚り線をリードピンの先端部で接続し、その接続部を柱状でかつ柱の軸方向を被う金属スリーブを圧縮減径して保護部材内でリード線を固定すると、ともにシースパイプの端部にも固定する事により耐屈曲性に優れたカートリッジヒーターを完成。

●寸法図

●仕様

●フランジ形状

●タイプ

●PDFカタログ

pdf-icon




ハイワット型カートリッジヒーター

●特長

  • 高速加熱が出来ます
  • 生産性の向上が図れます

 

●寸法図

ハイワット型カートリッジヒーター2016_2

ハイワット型カートリッジヒーター2016_3

●仕様

ハイワット型カートリッジヒーター2016_4

●最重要事項

●使用上の注意

ハイワット型カートリッジヒーター2016_6

●タイプ

ハイワット型カートリッジヒーター2016_7

●PDFカタログ

pdf-icon




角型カートリッジヒーター

%e8%a7%92%e5%9e%8b%ef%be%8b%ef%bd%b0%ef%be%80%ef%bd%b02016web%e5%86%8d%e6%92%ae%e5%bd%b12s

 

●寸法図

●特長

  • 曲げ加工が容易
  • 密着性(カシメ)が良く、熱効率が高い

●仕様

●タイプ

 

●PDFカタログ

pdf-icon