1

超高温型シーズヒーター

超高温シーズヒーター

STS-1100

品質向上の可能性を根本から問い直し、電熱ヒーターの理想像を求めて新たな発想でアプローチした次世代のヒーターです。

特長

●炉内温度1,100℃で使用可能
●熱効率がよく経済的
●温度精度高い制御が容易
●温度分布調整ができる
●曲げ加工が可能
●耐震性及び機械的強度が優れている

 

構造

SNK超高温シーズヒーターは金属パイプの中心にコイル状の発熱線を通し周囲に高純度のMgoを充填し、圧縮加工を施し完全に一体化したヒーターです。

sh-1_r8_c4

仕様

ヒーター径: 6.5φ、8φ、10φ、12φ、14φ
製作可能長さ: 200m/m~4000m/m
パイプ材質: インコロイ800 インコネル600
電圧: 25V~220V

 

炉内使用温度とワット密度(W/cm2)の関係

sh-1A_r2_c2

ヒーターの取付について

①ヒーターが金属部に触れないよう、ヒーター支持ガイシで二重絶縁を行ってください。
②水平使用の場合300m/mピッチで垂れ防止を施してください。
③端子部は炉外に出し、空冷されるようにしてください。
④発熱部が炉壁内に入らないようご注意ください。断線の原因になります。

 

ヒーター形状

sh-1A_r3_c7

温度制御

電流出力型(4~20mmA)温度調節計とサイリスター(位相制御方式)との組み合わせによるPID制御をお奨めします。